AdSenseアカウントを登録する

公開日:2013年12月5日
 最終更新日:2013年12月5日

AdSenseを設置するサイトを用意したらAdSenseを利用するためのアカウントの申請を行いましょう。

ここでは、AdSenseアカウントの登録するまでの流れを解説します。

アカウント登録までの流れ

アカウントを登録するためには、一次審査と二次審査の2回の審査を通る必要があります。アカウントを登録するまでの大まかな流れは次のとおりです。

  1. 審査対象のサイトURLと氏名などの申込情報を送信して、一次審査をしてもらう
  2. 一次審査に合格するとAdSense管理画面にログインできるようになるので、広告ユニットを作成しサイトに広告を設置する
  3. 広告を設置すると二次審査が始まる
  4. 二次審査に合格するとAdSenseアカウントが登録される

登録手順

具体的な登録手順を解説します。

一次審査

まず、一次審査をしてもらうために、サイトのURLなどの情報を登録しましょう。下のリンクからAdSenseの申請サイトへジャンプできます。

https://www.google.com/adsense/?hl=ja

表示された画面の右上の赤いボタンをクリックします。

AdSense_account_application01

その後、指示に従って情報を入力していきます。一次審査に必要な情報は、次のとおりです。

  • サイトのURL
  • 住所氏名などの個人情報

AdSense_account_application02

ひと通り情報入力が終わると、AdSenseが一次審査を始めます。

サイトに広告を設置する

一次審査に合格するとメールが届きます。そして、AdSense管理画面にログインできるようになります。

AdSense_account_application03

二次審査は、サイトの広告を設置した状態で行われます。二次審査を行なうために広告をサイトに設置するように促されるのでその通りにしましょう。広告の作成はこちらを参考にどうぞ。

広告ユニットを作成する

WordPressに広告を設置する

この時点では、広告スペースは真っ白なままでなにも表示されません。二次審査に合格すると広告が表示されるようになります。

二次審査

サイトに広告を設置すると自動的に二次審査が始まります。審査には数日かかります。合格するとメールが届いて広告も表示されるようになります。

手続きは以上で完了です。

AdSense_account_application04

支払い設定をする

登録に合わせて支払い設定も行いましょう。支払い設定はツールボタンの「お支払い」から行います。支払い方法は、銀行振込、小切手(普通郵便、国際宅急便)の中から選べます。手数料が安く、素早く支払われる銀行振込がオススメです。

AdSense_account_application05

AdSenseの最低支払い金額は8,000円です。AdSense報酬が8,000円に到達すると支払いが行われます。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60