AdSenseの審査に通るポイント

公開日:2013年12月3日
 最終更新日:2013年12月4日

AdSenseに登録するためには、広告を設置するサイトの審査が必要です。すでにサイトを持っている場合は、そのサイトを審査してもらえば良いでしょう。1つもサイトを持っていない場合は、これから作りましょう。

たまにAdSenseの審査に落ちたという声も聞きますが、AdSenseは多くのサイトに導入されています。実際に審査に落ちた人はあまり多くないのではないでしょうか。ただ、気をつけるべきポイントはあります。

審査のポイント

審査のポイントを紹介します。

AdSenseのプログラムポリシーを守る

まず気をつけておかなければならないのは、AdSenseのプログラムポリシーを守るということです。サイトを作る前にどんなサイトがプログラムポリシーに違反するサイトなのかを確認しておきましょう。

AdSenseのプログラムポリシーから外れるサイトは、広告主が広告を掲載したがらないサイトということです。そのようなサイトは審査を通りません。

サイトの審査があるのは、最初のサイトだけです。一度審査に通るとほかのサイトにもAdSenseを設置することができます。ただ、AdSenseは随時、AdSenseが設置していあるサイトの品質をチェックしています。プログラムポリシーに違反があると警告されるので、常にプログラムポリシーを守ったサイト運営を心がけましょう。

AdSenseのプログラムポリシーを守る

記事を投稿しておく

作ったばかりでまったく記事がない状態では、どんなサイトなのかわからないので審査に通りません。

審査前にある程度、記事を投稿しておきましょう。最低でも500文字の記事を10ページは必要です。

広告主の立場を考える

一番重要なのは、広告主の立場を考えることです。広告主としては、質の低いサイトに広告を設置されても効果が期待できません。

広告主がどのようなサイトを望んでいるのを考えて質の高いサイトを作りましょう。質の高いサイトはユーザーを集めるのであなたの利益にもつながります。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60