報酬が発生しない無効クリック

公開日:2013年11月22日
 最終更新日:2013年12月3日

AdSenseは広告をクリックすることによって報酬が発生します。広告のクリックは、すべてGoogleのシステムで検証しており、下で説明するケースの場合、AdSense側が「無効なクリック」として判断して発生した報酬が取り消されます。

無効なクリックについて

無効なクリックの例

AdSenseのヘルプでは、無効なクリックの例を示しています。

  • ダブルクリック時の 2 番目のクリックなど、価値のない偶発的なクリック
  • 広告主様の費用を意図的に増やすために手動で行われるクリック
  • 広告を掲載するサイト運営者の収益を意図的に増やすために手動で行われるクリック
  • 自動ツールやロボットなどの不正なソフトウェアによるクリックや広告表示
  • 広告主様のクリック率を作為的に低下させるために行われる広告表示

無効なクリックや表示について – AdSenseヘルプ

報酬が発生するのは、広告に興味を持ってクリックした場合に限るということです。それ以外の間違えてクリックしてしまった場合や、報酬を増やすためだけのクリックは、無効なクリックと判断されます。

判断方法

無効なクリックであるかどうかは、次のような方法で検出して判断します。(Googleの無効なクリックへの対策

  • フィルタによる検出
  • 自動アルゴリズムによる分析
  • 手動による分析
  • 事後調査

この検出方法が低精度だと、広告主が無駄な出費を強いられることになりGoogleを利用しなくなるキッカケになりかねません。そのため、Google側も検出に力を入れており、精度向上にも継続的な努力をしています。

プログラムポリシー違反である

これらの無効なクリックが発生する行為は、AdSenseのプログラムポリシーでも禁止されています。

Google 広告は、純粋な興味を抱いたユーザーによってクリックされるものでなければなりません。Google 広告を作為的にクリックまたは表示する行為は固く禁止されています。禁止されている行為としては、手作業による反復的なクリック/表示、クリック/表示を自動生成するツールの使用、ロボットや不正なソフトウェアの使用などが挙げられますが、これらに限定されません。自分の広告をクリックする行為は、どのような理由があっても禁止されています。

悪質なクリックは不正クリックとも呼ばれます。不正クリックは、広告主の損失につながりかねない行為です。そのため、不正クリックを行っていると判断されたときは、警告なしにいきなりアカウントが無効にされることもあります。

不正クリックするユーザーに報酬が流れると広告の価値が低下し、広告主の利益が減ります。利益が減ると広告出稿が少なくなり、アフィリエイターが報酬を得る機会が減ります。不正クリックは、自分以外のものに迷惑をかける行為です。行わないようにしましょう。

不審なクリックがある場合

悪意ある第三者があなたのサイトのAdSenseをたくさんクリックして、アカウントを無効にさせようと嫌がらせをする可能性もあります。

AdSenseのレポートで、クリック数が急増するなどの異常を見つけたときは、無効なクリックの連絡フォームに連絡して自分が関与していないことを説明しましょう。

間違えて広告をクリックした場合

意図的にクリックすることは禁止されていますが、間違えてクリックしてしまうこともあります。その場合にGoogleに連絡する必要はありません。このことはAdSenseのヘルプにも明記されています。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処 – AdSenseヘルプ


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60