初心者がAdSenseで知っておくべき5つのポイント

公開日:2013年11月25日
 最終更新日:2013年11月25日

AdSenseは不正を意図しない行為で、警告メールをもらうことがあります。メールに従ってサイト修正をすれば、アカウントを無効にされることはありません。

ただ、警告メールが届くのは嫌なものです。あらかじめ、どんな点に注意しておくべきか把握しておきましょう。

不正行為はみんなの不利益

広告主からすれば不正クリックなどの不正行為は、自分の損害になるので認めるわけにはいけません。AdSenseは、広告主が広告を出稿する事によって成り立っています。広告の効果が少なくなれば、広告を出す広告主も減っていくでしょう。

広告が減れば、AdSenseを利用しているサイト運営者が受け取る報酬も減ります。このように不正行為は、みんなの不利益に繋がる行為なのです。

注意すべき点

AdSenseのプログラムポリシーに違反した場合、警告メールが届きますが、悪質であると判断された場合は一発でAdSenseのアカウントが無効になります。

AdSenseはとても便利なサービスなのでアカウントが無効にならないように、慎重なサイト運営を心がけましょう。注意すべき点としては、次のようなものがあります。

1.自分で広告をクリックする

自分でクリックする行為は、不正クリックとして禁止されています。わかりゃしないと思うかもしれませんが、この行為は広告主の損害になるのでAdSense側も真剣に対処します。不正クリックを見つけるために分析アルゴリズムなどを導入しており、そう簡単にだますことはできません。

ただ、間違えてクリックすることもあります。その場合でもAdSenseに連絡する必要ありません。

広告主のサイトを確認したい場合は、広告をクリックするのではなく。右クリックでURLをコピーしてブラウザのアドレスバーに貼り付けましょう。

2.広告をクリックするように誘導する

「広告をクリック」、「クリックおねがいします」などの表現で、ユーザーに広告のクリックを誘導することは禁止されています。その他にクリックしたら謝礼を払うなどの約束をすることも禁止されています。

3.コンテンツと広告を分ける

間違ってクリックしてしまうような位置に広告を設置するのは禁止されています。コンテンツなのか広告なのかを区別できるように配置しましょう。

しっかり区別する必要がある場合は、広告の上にラベルを付けましょう。ラベルに付けて良い文言は、「スポンサーリンク」、「広告」の2種類です。「おすすめ」や「最新情報」といったラベルは訪問者の誤解を招くので禁止されています。

4.コンテンツ不足のサイト

記事が1つしか無いペラサイトにAdSenseを設置することは認められていません。厳密にどの程度の量があれば良いというのは決まっていませんが、自分でサイトを眺めてユニークなコンテンツがない場合は、AdSenseを設置しないようにしましょう。

5.禁止されたコンテンツを含むサイト

下の項目は、プライバシーポリシーで禁止されている項目です。これらのコンテンツを含むサイトにAdSenseを設置することはできません。

ギャンブルについては、競馬などの公営競技やパチンコなどの情報サイトは該当しません。また、アダルトに該当するかどうかの判断は、子供に見せられるものかどうかが判断基準になります。

  • ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 差別的な発言(人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的嗜好/性同一性に基づく特定の個人や集団への差別を助長したり、暴力を促したりするコンテンツを含む)や、嫌がらせやいじめなどに類するコンテンツ(個人や集団に対する攻撃を推奨するコンテンツ)。
  • 不適切な表現
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 違法な薬物や麻薬関連の器具に関するコンテンツ
  • ビールやハードリカーの販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方薬の販売
  • 武器、兵器、弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  • ブランド品やその他の商品の偽造品、模倣品の販売
  • 講義内容や論文の販売や配布
  • 報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60