それぞれ特徴のあるテキスト広告とイメージ広告

公開日:2013年12月2日
 最終更新日:2013年12月4日

AdSenseで最もよく利用されるのが、コンテンツ向けAdSenseの広告ユニットです。広告ユニットには、テキスト広告とイメージ広告の2種類があります。それぞれの特徴について説明します。

Ads01

クリック率の高いテキスト広告

テキスト広告は、画像を使わない文字だけの広告です。シンプルな広告なので、どんなタイプのページに設置しても違和感を感じさせることはありません。赤や黄色の原色を基調としたページでも、広告スタイルをカスタムすることによってページの印象に合わせた広告を作ることができます。

テキスト広告は、イメージ広告に比べクリック率が高い傾向があります。これは、広告の文章をコンテンツの文章のつもりで読んでしまうからです。ユーザーはコンテンツ→テキスト広告という流れにのって自然に広告をクリックします。

テキスト広告はイメージ広告ほど宣伝色が強くないので、クリックするのに抵抗感がないユーザーが多いです。これらのことからテキスト広告は、イメージ広告よりクリック率が高いという特徴があります。

目を引くイメージ広告

イメージ広告は、画像を主体とした広告です。バナー広告とも呼ばれます。イメージ広告を乗せるとサイトが華やかになります。テキストが主体の地味なサイトの場合、イメージ広告が良いアクセントになるというメリットがあります。

インターネット初期は、ネットに慣れていないユーザーが多く、イメージ広告が珍しかったのでよくクリックされました。しかし、最近のユーザーはイメージ広告に慣れてしまっているので、広告を無意識に無視してしまう傾向があります。

また、宣伝色が強い点を嫌ってクリックしないユーザーもいます。そのため、テキスト広告よりクリック率が若干低いというデータがでています。

収益性が高いのはどっち?

広告ユニットを作成する時、「テキスト広告のみ」と「テキスト広告とイメージ広告」、「イメージ広告のみ」の3種類が選べます。

この中で一番、収益性が高いのは、両者を組み合わせる「テキスト広告とイメージ広告」です。このことはAdSenseヘルプの中で、理由が示されています。

イメージ広告は、テキスト広告とともに広告スペースの同じオークションにかけられます。そのため、広告枠でテキスト広告とイメージ広告の両方を掲載するよう設定すると、掲載される広告の競合率が高まり、収益の増加につながります。これは、Google の技術により最も高い収益の見込まれる広告がページごとに判断され、掲載されるためです。

イメージ広告 – AdSenseヘルプ

広告タイプの他に、広告サイズや設置場所も収益を高める重要なポイントです。

効果的な広告フォーマット

効果的なAdSenseの設置位置を考える


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60