設置できる広告の数

公開日:2013年12月1日
 最終更新日:2013年12月1日

コンテンツ向けAdSenseで利用できる広告は、広告ユニットリンクユニット検索ボックスの3種類です。広告ユニットとリンクユニットは、1つのページにそれぞれ3つずつ設置できます。検索ボックスは2つまで設置できます。

3種類の広告を合わせて、最大8つの広告を1つのページに設置できることになります。

限度数以上の広告を設置した場合

それぞれ設置できる広告の数に上限がありますが、それ以上の広告を設置した場合、数を外れた分の広告は自動的に表示されなくなります。

設置できる数はAdSenseのプログラムポリシーで決められています。限度以上の広告設置は、プログラムポリシーに違反していることになるので注意しましょう。

スクロール追尾型広告

記事を下にスクロールしていくと、それに追随してサイドバーの広告も下がっていって、常に画面内に広告が表示される状態になるサイトがあります。この広告をスクロール追尾型広告といいます。

AdSenseで広告をこのように表示させるのは、禁止されています。他のASPでは許可しているのでそちらで行なうようにしましょう。

追尾式のアドセンスについて

適切なAdSenseの数は?

複数の広告を設置すると、サイト内における広告の占有率が高くなり広告が目に留まりやすくなるので、クリック率が高まります。ただ設置のし過ぎに注意しましょう。

長文のコンテンツでスクロールが必要な場合、複数の広告を設置することでコンテンツと広告のバランスが良くなり、とても効果があります。

スクロールの必要のないコンテンツが少ないページに、最大数の8つもの広告を設置すると、広告が存在を主張しすぎて邪魔になりクリック率が下がることもあります。

コンテンツあっての広告です。ユーザー目線で自分のサイトの広告表示にどんな具合なのか見てみましょう。

いたずらにたくさんの広告を設置するのではなく、カスタムチャネルを設定し、いろいろ配置を変えてみてどれが有効なのか効果測定するのもオススメです。

チャネルを設定して広告の効果を分析する


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60