インプレッション収益(RPM)を高めるには

公開日:2013年11月27日
 最終更新日:2014年1月25日

インプレッション収益(RPM)とは、広告を1000回表示させた時に得られる報酬の見込額のことです。RPMは広告の効果を示す指標なので、RPMを理解することは報酬を高める上で重要なポイントです。

インプレッション収益(RPM)を高めるポイント

RPMを高めるポイントには次のようなものがあります。

クリック率(CTR)とクリック単価(CPC)を高める

RPMは、クリック率(CTR)とクリック単価(CPC)の2つの要因に左右されます。CTRは、広告の位置やサイズ、タイプを改善することで高めることができます。

CPCは広告主が入札して決めるので、運営するコンテンツのタイプや広告主同士の競合具合によって変わってきます。高価な宝石の広告であれば、CPCは高くなる傾向になりますし、求人など競争が激しいジャンルでもCPCは高くなります。

CPCの高いジャンルをキーワードプランナーで見つけ、そのジャンルでサイトを作るのも一案です。(キーワードプランナーでクリック単価を推定する)ただ、アフィリエイター同士の競争も激しいので、力を入れてサイト制作とSEOを行わなくてはいけません。

テータ収集に力を入れる

サイトや広告に関するデータをできるだけ集めましょう。データを総合的に捉えて、ユーザーの動向やトラフィックを分析すると、サイト改善のヒントが見つかる可能性があります。

データを集める方法の1つとしてGoogle AnalyticsとAdSenseの統合があります。統合することで、新規ユーザーとリピーターのクリック率の分布や参照元などのデータを集めることができます。

Google AnalyticsとAdSenseと連携して収益を分析する

また、Googleウェブマスターツールもデータ収集に役立ちます。例えば、ウェブマスターツールの検索クエリでは、ユーザーがどんなキーワードでサイトにアクセスしたかがある程度推測することができます。

検索クエリのデータをサイト改善に活かす


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60