収益を高める要素を把握する

公開日:2013年11月26日
 最終更新日:2013年12月3日

AdSenseの収益を高める要素には色々なものがあり、それらを効果的に組み合わせることで収益が高まります。

どんな要素がどんな効果を発揮するのかは、様々な書籍やサイトで説明されていますが、自分で実践することで始めてノウハウが自分のものになります。ノウハウを身に付けてより収益を高めるのには、PDCAサイクルを導入すると効率的です。

PCDAサイクル

PCDAサイクルとは、「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Act(改善)」の4段階で業務を改善していくマネジメント手法です。この手法は、AdSenseで収益を高める場合にも適用することができます。

  • Plan:サイトの更新計画や広告配置など改善案を立てる
  • Do:実際に更新や広告配置の変更を行う
  • Check:AnalyticsやAdSenseのパフォーマンスレポートで改善結果を確認する
  • Act:最適案を採用する

PDCA

このPDCAサイクルを継続することで、どんな要素が収益改善に影響するのかを把握することができるようになるでしょう。

広告の効果を手軽に比較できるA/Bテストも、PDCAサイクルの一環として行なうべき項目です。

A/Bテストで広告を最適化する

AdSenseに特化したPCDAサイクル

サイト全体のPCDAサイクルやSEOに関するPCDAサイクルなど、サイト運営では対象によってさまざまなPCDAサイクルがあります。ここではAdSenseの効率を高めるためのPCDAサイクルの具体例を紹介します。

Plan

あとで行なう効果測定をわかりやすくするために、広告ユニットの名前を「サイト名_サイズ_広告の配置_配色」にします。

Do

広告のサイズ、タイプ、色、配置の4つの広告から最適な設定を選びます。

1.サイズ

サイズが大きい広告ほど効果を発揮する傾向にあります。特に効果的なのは次のサイズです。

  • 336×280: レクタングル(大)
  • 300×250: レクタングル(中)
  • 728×90: ビッグバナー
  • 160×600: ワイド スカイスクレイパー

2.タイプ

広告タイプは、テキスト広告、ディスプレイ広告、テキスト広告とディスプレイ広告の3つのタイプから選ぶことができます。一般的な傾向として最もクリック単価が高くなるのは、参加する広告主が多く競争率が高いテキスト広告とディスプレイ広告を組み合わせたタイプです。

3.色

テキスト広告はサイトデザインに合わせた配色ものが、クリック率が高くなる傾向にあります。複数の配色を試してみましょう。デフォルトのスタイルがサイトに合わない場合はカスタマイズを行いましょう。(テキスト広告をサイトに合わせてカスタマイズする

4.配置

ユーザーの目に留まりやすい位置に広告を設置しましょう。ファーストビューに最低でも1つは広告を配置するようにしましょう。(効果的なAdSenseの設置位置を考える

CheckとAct

効果測定はAdSense管理画面のパフォーマンスレポートで行えます。ここで、一番確認すべき広告は、RPMCTRページビューの3つです。

1.サイズ

効果測定:広告サイズの項目を見ることで効果を確認できます。

改善案:RPMとCTRが高いサイズに切り替えましょう。

2.タイプ

効果測定:広告タイプの項目を見ることで効果を確認できます。

改善案:RPMとCTRが高いタイプに切り替えましょう。

3.色

効果測定:広告ユニットやカスタムチャネルで配色に関する情報を設定している項目で効果を確認します。

改善案:複数の配色の中からCTRの高いを見つけ、他の広告もその配色に変えましょう。一定期間を過ぎるとユーザーが広告に慣れ、CTRが低下傾向になることがあります。その場合は配色を少し変えてマンネリ化を防ぎましょう。

4.配置

効果測定:広告ユニットやカスタムチャネルで配置に関する情報を設定している項目で効果を確認します。

改善案:CTRの高い配置案を採用します。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60