AdSenseに通りません。どうすればいいの?

公開日:2014年3月15日
 最終更新日:2014年3月15日

AdSenseの審査は、2段階で行われます。一次審査は、サイト情報と個人情報を審査します。二次審査は、実際にサイトに広告を設置した状態でより詳細に審査が行われます。

これらの審査はそう難しいものではなく、ほとんどのサイトは審査に通ります。一方で審査に通らず、当惑してしまう人も少なからずいます。

審査に通らないポイント

審査に通らない原因には、次のようなものがあります。

コンテンツガイドラインに違反しているサイト

AdSenseのコンテンツガイドラインに違反しているサイトである場合、審査に通りません。ガイドラインが禁止するコンテンツとは次のようなものです。

  • ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 差別的な発言(人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的嗜好/性同一性に基づく特定の個人や集団への差別を助長したり、暴力を促したりするコンテンツを含む)や、嫌がらせやいじめなどに類するコンテンツ(個人や集団に対する攻撃を推奨するコンテンツ)。
  • 不適切な表現
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 違法な薬物や麻薬関連の器具に関するコンテンツ
  • ビールやハードリカーの販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方薬の販売
  • 武器、兵器、弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  • ブランド品やその他の商品の偽造品、模倣品の販売
  • 講義内容や論文の販売や配布
  • 報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

中身が薄いサイト

全く記事が無いサイトや僅かな文章しか無いサイトは、広告を設置するのにふさわしいか判断ができないので審査に通りません。

審査に通るためには、ある程度の量の記事が必要です。聞いたことがある審査に通った記事の最低量は、500文字の記事を5記事です。このくらいは用意しましょう。

その他

あまり定かではありませんが、下のようなことも審査に影響すると言われます。該当する状態で審査に落ちるのであれば、このへんが原因なのかもしれません。

  • 他社の広告が設置してある
  • リンクプログラムに参加している
  • ブログランキングに参加している

どうしても原因がわからない人は、AdSenseのフォーラムで相談するのも一案です。詳しい人に相談することで解決する可能性は高まります。

AdSenseフォーラム


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60