AdSenseをクリックしてもらうためにはどうすればいいの?

公開日:2013年11月21日
 最終更新日:2013年11月21日

AdSenseは、広告をクリックするだけで良い、サイトのコンテンツやユーザーの興味に合わせて広告が表示されるなど収益が上がりやすい広告サービスです。しかし、ユーザーあってのサービスです。AdSenseで収益を上げるには、まずはユーザーをサイトに集めないと話になりません。

押さえるべき6つのポイント

気が向くままに書きたいことを書いているだけでは、ユーザーはサイトに集まりません。ユーザーを集めるためには戦略的にサイト運営をしていく必要があります。最低限、押さえるべきポイントを紹介します。

1.ターゲットを意識する

老若男女、職業、住む場所などその人の属性によって興味を持つポイントは異なります。あなたのサイトテーマに合わせてターゲットを設定しましょう。そして、ターゲットに有益だと感じてもらえるよう記事を書くことを意識しましょう。

このことを意識することでターゲットにわかりやすい記事を書くことができるようになります。例えば、このサイトの場合、AdSenseやアフィリエイト初心者をターゲットにして記事を書いています。

2.ユーザーの気を引くタイトルを付ける

ユーザーはタイトルを見て、その記事を読むかどうかを判断します。ユーザーの目を引くようなタイトルを付けるようにしましょう。

ポイントとしては、

・インパクトのある言葉を盛り込む

例:「アフィリエイト業界では常識!必ず読むべきアフィリエイトブログ11選」

・ターゲットを明記する

例:「AdSense初心者対象 サイト制作の効率をアップさせるツールを一挙公開!」

などがあります。この時、検索に引っかかるようにサイトの内容を表すキーワードを必ず盛りこむようにしましょう。

3.わかりやすい記事を書く

記事でよく目にするのは次のような形式です。こういった形式で記事を書くと読者は読みやすくなります。

・まとめ記事

あるテーマに関する様々なサイトの記事を一つの記事でまとめて紹介するやり方です。ユーザーが色々な情報を探す手間が省けるので重宝されます。

・箇条書きの記事

ブログ開設など手順を追う作業を箇条書きで説明するタイプの記事です。

4.たくさん記事を書く

どの記事がユーザーに受けるかを予測するのは難しいです。数撃ちゃ当たるの精神でドンドン記事を書いていけば、それがロングテールSEOになり、アクセス数も増えていきます。ただ、質が伴っていることが前提条件です。つまらない記事をたくさん書いてもヒットしません。

記事を書くことでわかり易い文章が書けるようになり、書き上げるまでの時間も短くなります。

5.宣伝する

ユーザーはなかなか記事の存在に気が付きません。TwitterやFacebookのSNSは、記事をアピールするのにうってつけのツールです。これらのツールで積極的に宣伝して少しでも記事を読んでもらうように努力しましょう。

宣伝した記事がバズり、サイトを知られるきっかけになることも十分にありえます。書くだけで終わらせるのではなく、宣伝もするように意識しましょう。

6.SEOに取り組む

SEO(検索エンジン最適化)は、検索順位を上げるための技術のことです。ユーザーを集める方法には、ユニークな記事を書いたり目を引くタイトルをつける以外にも色々なテクニックがあります。

SEOに取り組み、検索結果の上位に表示されれば多くのユーザーをサイトに集めることができます。ユーザーを集めればそれに比例して報酬も増えていきます。初心者向けのSEOのやり方については下のサイトで解説しています。

なるほどSEO – 初心者のためのSEO対策入門サイト


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60