表示される広告をコントロールする

公開日:2013年11月29日
 最終更新日:2013年12月4日

AdSenseの特徴のひとつのコンテンツ連動型広告という、サイトのコンテンツと関連性のある広告が自動的に表示される機能があります。しかし、必ずしもコンテンツに関連性のある広告が表示されるわけではありません。

インタレストベース広告といってユーザーの関心のある広告が表示されることもありますし、特定の広告が大量に出稿された場合、コンテンツと無関係な広告が表示されることもあります。

特定の広告をブロックする方法

コンテンツに無関係な広告は、クリック率が低いのでサイト運営者としては、表示させたくありません。特定の広告を表示させないようにブロックするには、AdSense管理画面の「広告の許可とブロック」タブの「広告主のURL」に、広告主のURLを入力することで可能です。

サイトに合わない広告をブロックする

カテゴリでブロックする

特定の広告主ではなく、もう少し広い範囲で広告をブロックすることができます。AdSenseでは、一般カテゴリとデリケートなカテゴリに分けて広告の種類が分類されています。

これのカテゴリのそれぞれの項目ごとに、表示するかブロックするかを決めることができます。このカテゴリは、管理画面の「広告の許可とブロック」タブで確認できます。

一般カテゴリは、アパレル、アート、インターネットなど一般的な広告分類ごとに項目立てられています。カテゴリ名の左側のスイッチで、広告をブロックできます。

ad_block01

デリケートなカテゴリでは、宗教や消費者金融などで項目立てられています。一般カテゴリと同様にカテゴリ名の左側のスイッチで、広告をブロックできます。

ad_block02

どのカテゴリをブロックするかは慎重に検討しましょう。ユーザーの興味は様々です。あなたの意図しない属性のユーザーが訪れていることもあります。

例えばパソコンをテーマにしたサイトですが、サイトの特性からアートに興味をもったユーザーが頻繁に訪問するサイトの場合、あなたがその特徴に気が付かずアートのカテゴリをブロックしたら、アートに関する広告が表示されず機会損失していることになります。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60