スマートプライシングが収益を左右する

公開日:2013年11月29日
 最終更新日:2013年12月4日

スマートプライシングとは、AdSenseを設置しているサイトが、広告主にとってどの程度の利益をもたらすかを評価し、評価が低い場合はクリック単価を引き下げるシステムのことです。

スマートプライシングの仕組み

AdSenseは、広告をクリックした後にユーザーがどのような行動をしているのか調査しています。この調査では、実際に広告主のサイトで商品を購入するなどの成果に結びついた割合(コンバージョン率:成約率)がどの程度なのを把握できます。

成約率が低いということは、広告の成果が出ていないということなので、クリック単価もそれに合わせて引き下げられます。AdSense側は、このシステムによって適切な値段で広告主が広告を出稿できるようにコントロールしているのです。

クリック数は以前から変化していないのに、報酬額が減少した場合、スマートプライシングによってクリック単価を下げられた可能性があります。

サイト運営者としては、とにかくクリックしてもらうのではなく、成約につながるクリックとなることを意識してコンテンツを作っていくことが重要になります。

AdSense報酬の計算方法

AdSense報酬の計算方法は、次のとおりです。

クリック単価×クリック数×スマートプライシング

例えば、クリック単価が20円、クリック数が100回、スマートプライシングが70%の場合、報酬額は1600円となります。

20(円)×100(回)×80(%)=1600(円)

あまり広告の効果が無いとしてスマートプライシングの比率を下げられると、報酬額はそれに比例して現象します。

スマートプライシングを引き下げられない対策

スマートプライシングでクリック単価を引き下げられない対策には、次のようなものがあります。広告をクリックされるだけでは十分ではなく、成約率が重要であることを肝に銘じましょう。

コンテンツに合った広告を表示させる

ユーザーはコンテンツに興味を持って、そのページにアクセスします。コンテンツに合った広告を表示させることで、コンテンツ→広告といった流れができて成約率が高まります。一つの方法として、表示させる広告のカテゴリを絞り込むやり方があります。

表示される広告をコントロールする

広告とコンテンツをシッカリ分ける

広告を誤クリックされると成約率が低下します。誤クリックを招くような位置に広告を配置しないようにしましょう。

サイトテーマを統一する

サイトのコンテンツに統一性がないと訪れるユーザーの属性にもバラツキが出てきます。そうするとユーザーが関心をもつ広告が表示されにくくなります。サイトテーマを統一することでユーザーの興味にあった広告が表示されやすくなり、成約率も高まります。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60