効果的な広告フォーマット

公開日:2013年11月28日
 最終更新日:2013年12月4日

サイトに対して最適な広告フォーマットを選ぶことが、収益を最大化する上で重要なポイントになります。広告を設置する場所については、色々工夫する人がいますが、その他に広告のサイズやスタイルについても最適なものを選びましょう。

効果的な広告のサイズ

広告の大きさによって、クリック率は異なります。小さい広告より大きい広告のほうがユーザーの目に留まりやすくなりクリック率も上がります。また、形状もクリック率に関係があります。広告を読みやすい横長の広告のほうが、縦長の広告より効果があります。

広告サイズにはたくさんの種類がありますが、その中で特に効果的なサイズは、次の4つです。

  • レクタングル(中)
  • レクタングル(大)
  • ビッグバナー(728×90)
  • ワイドスカイスクレイパー(160×600)

これらの広告サイズは、イメージ広告や動画広告の表示にも適しています。これらの広告サイズを導入すると、リッチメディア広告(音声や動画を用いた広告)のキャンペーンが多く集まります。その結果、広告を掲載するための広告主間の競争が激しくなり、それにともなってクリック単価が高くなります。

効果的な広告のスタイル

適切な広告スタイルを選ぶことで、ユーザーの目に留まりやすくなりクリック率が高くなります。ユーザーに広告を診てもらうためには、原色などの目立つ色を使うほうがいいと考える人もいるかもしれませんが、広告を避けられるので逆にクリック率は下がります。

ただ、あまりに存在感のない広告だとユーザーは広告に気が付きません。さり気なくユーザーを引きつけるテクニックを身に付けましょう。

3つのテクニック

サイトに適した広告スタイルには次の3つがあります。

1.サイトと広告を融合させる

広告の背景色をページの背景色と似た色をします。そうすることでユーザーは違和感なく広告を読んでくれます。サイトの背景色が白の場合は、デフォルトの広告スタイルを採用するとよいでしょう。

2.コンテンツを引き立てる

広告の背景色にサイトの背景色と違う色を使うと、コンテンツが引き立てられます。このとき、広告の背景色には、サイトに使用している色の中から選ぶようにしましょう。まったく違う色を使うと、広告が浮いてしまって効果が薄れます。

3.コントラストをつける

サイトの背景色に浮かぶような広告の背景色を選びます。これはサイトの背景色に黒系など暗い色を使っている場合にのみ有効なテクニックです。

華やかなコンテンツの場合

サイトのコンテンツに画像を多用するなど華やかな場合は、広告に気づかれないことがあります。その場合は、広告ユニットの作成で、広告スタイルのカスタム設定を利用しましょう。コンテンツに合わせて広告を派手にすることで、ユーザーの目に留ま理安くなります。

さらに工夫する

リピーターが多いサイトの場合、広告に目が慣れてしまって広告に気が付かない状態になってしまいます。

クリック率が低下する傾向にある場合、広告のスタイルを変更する、広告の設置位置を変えるなどの対応を行って、再びユーザーの目に留まるようにしましょう。

また、広告タイプに「テキスト広告とディスプレイ広告」を選ぶと両者が一定の比率で表示されるようになるので、ユーザーの視線をリフレッシュする効果があります。

広告を設置する場所も収益を左右する重要なポイントです。広告サイズやスタイルの工夫をする時は一緒に検討するようにしましょう。

効果的なAdSenseの設置位置を考える


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60