AdSenseオークションの仕組み

公開日:2014年1月27日
 最終更新日:2014年1月27日

AdSenseに表示される広告の種類や数(テキスト広告の本数)が変わるのは、広告オークションの仕組みに基づくものです。

広告オークションはヤフオクなどのオークションと同様の特徴を持っており、広告主の競争が多いほど広告料が高くなりサイト運営者の収益も増加します。

また、サイトに掲載する条件が緩いほど多くの種類の広告が掲載できるようになるのでサイト運営者の収益は増加します。AdSenseがテキスト広告とイメージ広告の併用を勧めるのはこのためです。

オークションの手順

あるサイトに広告を掲載させようとする時、次のような手順で進みます。

  1. 広告オークション側は掲載させるのに適切な広告を次の基準で絞り込む。
    • サイトのコンテンツやユーザーの興味と関連性がある
    • サイト運営者が設定した広告の形式(サイズやテキストまたはイメージ広告)
  2. 絞りこまれた広告から広告主が提示する広告料と品質スコアを考慮し、最も効果的な広告を選び出す
  3. 掲載する広告の決定

品質スコアは、その広告がユーザーのためになるかどうかを図る指標です。品質スコアは次の点を考慮されています。

  • サイト運営者のサイトや同様のサイトで記録された過去のクリック実績
  • 広告とサイトの関連性、ユーザーの興味と広告の関連性
  • 広告先のサイトの品質

広告料だけで掲載する広告を決定する仕組みだとユーザーの興味のない広告が表示されてしまいます。しかし、広告オークション側の広告を絞り込みや品質スコアが導入されているのユーザーの利便性も確保された仕組みとなっています。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60