AdSenseの種類

公開日:2013年12月7日
 最終更新日:2013年12月7日

AdSenseといえば、ブログに貼ってある広告を連想する人が多いでしょうが、実はその他にも種類があります。現在のAdSenseには次の5種類があります。

  • コンテンツ向けAdSense
  • 検索向けAdSense
  • モバイルコンテンツ向けAdSense
  • ゲーム向けAdSense
  • 動画向けAdSense

ここでは、コンテンツ向けAdSenseと検索向けAdSenseについて解説します。

コンテンツ向けAdSense

コンテンツ向けAdSenseは、サイトに設置する広告のことです。多くの人がAdSenseと聞いて連想するのがコンテンツ向けAdSenseです。コンテンツ向けAdSenseは、広告ユニットとリンクユニットの2しゅるいがあります。

広告ユニット

広告ユニットは、画像の広告またはテキストの広告です。広告にはさまざまなサイズや形状があり、設置する場所や効果を選んで設置することができます。1つのページに3つまで広告ユニットを設置することができます。

AdSense広告ユニットのサイズ一覧と人気のある広告サイズ

Ad_unit01

広告ユニットを作成する

リンクユニット

リンクユニットは、キーワードのみの広告です。広告ユニットは広告をクリックすると報酬になりますが、リンクユニットの場合は、キーワードをクリックしてその後に表示される広告をクリックしないと報酬になりません。

コンパクトなサイズなのでちょっとした隙間に配置するのに適しています。広告ユニットと同様に1ページに3つまで配置することができます。

rink_unit001

リンクユニットを設置して収益を高める

検索向けAdSense

検索向けAdSenseを導入すると、サイトにGoogleの検索ボックスを設置できるようになります。この検索ボックスで自分のサイト内を検索できるようになり、検索結果一覧に広告が表示されるようになります。

この広告をクリックすると報酬を得ることができます。検索向けAdSenseは、1ページに2つまで設置することができます。検索ボックスはユーザーの利便性を高めるので設置すると良いでしょう。

Search01

検索向けAdSenseを設置する


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60