AdSenseの特徴 – プレースメントターゲット広告

公開日:2013年12月6日
 最終更新日:2013年12月6日

プレースメントターゲット広告とは、AdSenseに広告を出稿する広告主が広告を表示させる位置を判断するための機能のことです。大手企業のブランド広告などに利用されるのでクリック単価の向上が期待できます。

クリック単価が上がる仕組み

プレースメントターゲット広告の利用でクリック単価が上がるポイントは、AdSenseのクリック単価が決まる仕組みにあります。

AdSenseに表示される広告はAdWordsで出稿される広告が表示されます。AdWordsで出稿される広告はオークションで競っており、クリック単価の高い広告から表示されるようになっています。人気の高いキーワードだと競争が激しくなりクリック単価も高くなります。

競争は広告を設置する場所を巡っても行われます。人気の場所(プレースメント)は広告を設置してもらいたい広告主が多くなるので、競争が発生してクリック単価が上がります。

プレースメントターゲットの設定

プレースメントターゲットを設定するためには、あらかじめカスタムチャネルの作成をしておく必要があります。

カスタムチャネルの設定

カスタムチャネルの編集でターゲット設定の項目にチェックを入れると詳細設定ができるようになります。

Placement-Targeting01

広告の掲載先には、トップページや記事ベージなどどのページに広告が掲載される場所を記入します。

広告掲載位置には、広告が掲載されるページ内の場所を示します。複数の広告ユニットをグループ化したカスタムチャネルの場合は、「複数の位置」を選びます。

説明には、広告の設置場所、サイトのターゲットユーザー、アクセス数などを給しましょう。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60