AdSenseを利用する条件

公開日:2013年12月5日
 最終更新日:2013年12月5日

AdSenseは無条件で利用できるわけではありません。AdSenseを設置できるブログは限られていますし、どんなテーマのサイトでも良いわけではありません。利用できる条件をあらかじめ知っておきましょう。

AdSenseを利用できる無料ブログ

初心者がAdSenseを始める場合、選択肢の1つとして無料ブログの利用があります。無料ブログを利用すれば、費用を掛けずに手軽にブログを開設することができます。

ただ、全ての無料ブログがAdSenseを利用できるわけではありません。中にはAdSenseが利用できないところもあります。ブログを開設する前に利用できるかどうか確認しておきましょう。

ちなみに下の無料ブログではAdSenseを利用することができます。

  • Blogger
  • Seesaaブログ
  • FC2ブログ
  • ライブドアブログ
  • はてなダイアリー
  • WordPressブログ

また、アメーバブログやジュゲムブログは有料版であればAdSenseを利用することができます。大きく稼ぎたいという人は無料ブログではなく、独自ドメイン+WordPressの組み合わせでサイトを作るのがオススメです。

ブログアフィリエイトが簡単と聞いたけど?

AdSenseを利用できないサイトテーマ

AdSenseはどんなテーマのサイトでも設置できるわけではありません。広告主は広告のイメージを重視します。違法な情報が載っているサイトに広告を設置されるイメージが悪くなってしまうので、そのようなテーマにAdSenseを設置することは許可されていません。

利用できないテーマはAdSenseのプログラムポリシーに示されています。下に示すテーマを扱っているサイトはAdSenseを利用できません。十分に注意しましょう。

  • ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 差別的な発言(人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的嗜好/性同一性に基づく特定の個人や集団への差別を助長したり、暴力を促したりするコンテンツを含む)や、嫌がらせやいじめなどに類するコンテンツ(個人や集団に対する攻撃を推奨するコンテンツ)。
  • 不適切な表現
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 違法な薬物や麻薬関連の器具に関するコンテンツ
  • ビールやハードリカーの販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方薬の販売
  • 武器、兵器、弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  • ブランド品やその他の商品の偽造品、模倣品の販売
  • 講義内容や論文の販売や配布
  • 報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60