AdSenseの仕組み

公開日:2013年12月4日
 最終更新日:2013年12月4日

AdSenseの特徴の1つにコンテンツに関連した広告が表示されるシステムがあります。このシステムは提供された広告コードをサイトのソースに貼り付けるだけで実現できます。サイト運営者が難しいことをする必要はありません。

設置した広告をユーザーがクリックするとサイト運営者に報酬が入ります。この仕組みをクリック保証型広告といいます。この仕組みを導入している会社は他にもありますが、最大手はAdSenseです。広告主数や広告の種類の多さは他社より先んじています。

AdSenseの仕組み

Googleは、GoogleAdWordsという企業向け広告サービスを提供しています。GoogleAdWordsは、Googleの検索結果に関連する広告を表示するサービスです。広告主が広告とキーワードを登録すると、ユーザーがそのキーワードで検索した際にその広告が検索結果に表示されます。

AdSenseは、このGoogleAdWordsと連動しています。サイトに設置したAdSenseの広告にはAdWordsの広告が表示されます。

AdWordsを利用する広告主が広告料をGoogleに支払います。広告はアドセンス広告としてサイトに表示され、ユーザーがクリックするとサイト運営者に報酬が入ります。

AdSense_system

AdSenseの収益配分

広告主から支払われた広告収入は、サイト運営者とGoogleで分配されます。AdSenseの収益配分の割合は一律に決まっています。

コンテンツ向けAdSenseでは、サイト運営者の取り分は68%、Googleの取り分は32%と決まっています。検索向けAdSenseでは、サイト運営者の取り分は51%、Googleの取り分は49%と決まっています。

この割合は、AdSense管理画面のアカウント情報にも示されています。

AdSense_system01

収益を得るまでの流れ

AdSenseで収益を得るまでの流れは次のとおりです。AdSenseは手軽に始めることができますが、稼ぐのは簡単ではありません。多くの人がAdSenseで稼ごうと挑戦していますが、稼げる前にあきらめてしまう人もたくさんいます。

AdSenseで稼ぐのは簡単ではないと肝に銘じて、地道に取り組みましょう。

AdSense_system02


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/xsrv10x1st/nar-ads.com/public_html/wp-content/themes/keni61_wp_healthy_131030/single.php on line 60